【注目】英語が苦手な人必見の英文法の参考書です。かわいいイラストで苦手な英語が得意になる!

英文法の参考書
※)本の詳細は公式サイトの英語教材のHMBまで。

2005年07月15日

佐助稲荷神社(鎌倉)

◆佐助稲荷神社(鎌倉)

DSCN64011.jpg

詳細の前にランキングをチェック!

◆場所:JR鎌倉駅下車 徒歩30分

◆要約:源頼朝の隠れ家。真っ赤な鳥居がずらっと並び、その先には、たくさんのきつねに出会えます!

◆レポート:
JR鎌倉駅を下車し30分位歩くと、佐助稲荷神社があります。(銭洗弁財天のちょっと先です)鎌倉駅を下車してから、要所要所に小さな道案内の看板はあります。

休日でも人は少なく、あまり観光スポットではないようなので、人を頼りに行くことはできないと思います。

静かな住宅地を歩くと「佐助稲荷道」とかかれた石碑があり、そこから少し歩くと佐助稲荷神社の入口が見えます。

少し坂になっており、木がうっそうとしていて天気のいい日でも薄暗い感じですが、緑の草木がなかなか趣があります。

そして階段には、真っ赤な鳥居がずらっと並び、真っ赤な佐助稲荷神社と書かれた旗が鳥居を挟むようにずらっとはためいています。

その鳥居のところどころにきつねの石像があり、表情豊かで楽しませてくれます。

鳥居を抜けると、小さな神社がありますが中に入ることはできません。あちこちにきつねの石像やらきつねの置物が供えられていました。

この神社は源頼朝が伊豆に島流しの刑で捕らわれていた頃、稲荷と称する老人が、夢枕に立ち挙兵をすすめたようです。後に鎌倉幕府を開いた源頼朝は、幕府を開くまでに出世した事に感謝の意をこめて、当時源頼朝の隠れ家だったこの地に社を築いたようです。

初夏は緑が多く、シダ植物や苔がいい感じの景色を作っていました。


■参考:
鎌倉と江ノ島を楽しもう!

佐助稲荷神社の詳細

佐助稲荷神社の動画

佐助稲荷神社の写真


スポンサード リンク
posted by travel at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ■神奈川県(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5113200
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。