【注目】英語が苦手な人必見の英文法の参考書です。かわいいイラストで苦手な英語が得意になる!

英文法の参考書
※)本の詳細は公式サイトの英語教材のHMBまで。

2005年06月24日

三番瀬海浜公園 潮干狩り体験レポート!

潮干狩りにいってきました。

ふなばし三番瀬海浜公園では、超巨大なアサリが取れるという噂ですが・・・

DSCN65911.jpg

詳細の前にランキングをチェック!

2005年5月29日(日)、ふなばし三番瀬で、潮干狩りにいってきました。

この日の時間は13時から17時まで。少し早めの12時半に到着したのですが・・・

既に現地は、ものすごい人だかり!祭りのような熱気に覆われていました。

DSCN65661.jpg

しかも、開始まで時間があるのに潮干狩り場の入り口には、既に長い行列が・・・

こうなると、心配になるのは、アサリのこと。
こんなに多くの人がいれば、すぐにアサリはなくなるのでは・・・と思い、気が気ではありませんでした。実は、トイレに行きたかったのですが、ここで隙を作ると、アサリを取られる!と思って、我慢していたのですが・・・

でも、結局、全然大丈夫でした。

結構広大な敷地なので、すべての人が入っても、十分にアサリを採ることができるスペースがあったんですよね。しかも、奥にいけば、まだまだ、十分にスペースがありました。

DSCN65761.jpg

DSCN65731.jpg

といっても、トイレまでは、ものすごい距離があります。トイレに行くのが面倒なんですよね。我慢度が、10のうち、8くらいだったので、これが、9になったら、トイレに行こうと思い、アサリを取ることに集中することに。

1つの場所で、アサリを取り尽くせば、別の場所に移動して・・・を繰り返しているうちに、気が付けば波打ち際に。

そこで、ツワモノを発見!

長いブーツを履いて、海の中でアサリをとっている人がいました!

DSCN65841.jpg

確かに浅瀬ですが、海の中に入ってまで、アサリを探すとは・・・

それを見て、闘争心が燃え上がりました!
トイレに気をとられている場合ではない!奴らには絶対負けない!と。 今まで以上に、気合をいれてアサリを探すことに。

そうこうしているうちに1時間が。
2人で、取ったのですが、結局、以下の量になりました!

DSCN65911.jpg

しかも、アサリ番長もゲットしました。
アサリ番長とは、私が勝手に名付けたのですが、巨大なアサリのことです。

DSCN65911.jpg

マジで、でかい!
これを食べたら美味しいんだろうな〜なんて思ったりして。

結局、アサリを、自分達の食べる分だけに厳選して、2.5kg分、1500円を購入して帰りました。

でも、よく考えると、アサリは、スーパーでも、100g、60円くらいで売っているんですよね・・・

特に安いというわけでもないのに、2.5kgも購入する必要がないような気も・・・

まさに旅行先で、財布のヒモがゆるくなってしまったような感じです(笑)
2人で、2.5kgも、食べれるかな〜と不安になったりして・・・

そして、家に帰ってから、アサリの保管方法と、砂を吐き出させる方法を調べました。

アサリの保管方法ですが、砂を吐き出させた後、水を抜いて、冷蔵庫に入れれば、1〜3日くらいはもつそうです。でも、ちょっと怖かったので、結局、1日しか保管しませんでしたけど。
注)ネットで情報を集めたので、情報の信頼性に疑問があると思うんですよね。なので、アサリを保存する場合は、色々調べてみてくださいね。

さて、砂を吐き出させる方法ですが、本当は、アサリが取れた海水を持って帰ってきて、それで砂を吐かせるのがいいそうです。もっといいのは、持ち帰る時に、海水に入れながら持ち帰ることだそうですが・・・

三番瀬の海水は、ちょっと汚いですし、そもそも持って変えるのも大変ですしね。というより、三番瀬って、ドブの臭いがするんですよね。それが干潟かもしれませんが・・・

なので、「水道水+塩」で砂抜きをすることにしました。


■一回目
量が多かったので、パスタ用の巨大な寸胴に、大量のアサリを入れて、水と塩を入れて、砂抜きしました。要するに適当に砂抜きをしました(笑)

その結果・・・

市販のよりも、マシでしたが、やはり砂がありました!

大失敗!

砂があった原因は、どうやら、1.アサリを重ねると、下にいるアサリが砂を出さないということ、2.暗くした方が効果的なのに、明るいところに放置していたことの2つのようでした。そこで、料理に使わなかったアサリを、再度、砂吐きさせることに。


■二回目
アサリの量が少なくなったので、今度は、フライパンにアサリが重ならないように敷いて、そこに塩水を入れました。しかも、銀紙で暗くしました。

その結果・・・

ほとんど、砂が抜けました!

大成功!

砂がないと安心して食べれますよね!


■アサリ料理
「アサリのボンゴレ」
「アサリの酒蒸」
「アサリのバター炒め」
「アサリ汁」
「大葉と、アサリと、じゃがいもの炒め物」
「アサリご飯」

・・・まさに、アサリ尽くしです。

うちの妻は、数食しか食べませんでしたが、私は2日半、この料理ばかりを食べました・・・

でも、辛くなかったですよ。美味しかったです!
2.5kgのアサリは結局、2人で、2日半で食べつくしました!(ほとんど私かも)

そして、肝心の「アサリ番長」ですが・・・

普通のアサリと同じでした。

バター痛めの時に、「特別」に、分けて調理してもらったんですけどね。しかも、ナイフとフォークを用意していたんですけどね。

悲しいことに、熱で小さくなってしまいました。見た目は番長、中身は普通の人だったようです。

今度、また行こうと思ったのですが、結局、三番瀬の潮干狩りは終わってしまいました・・・


■ちなみに・・・
我が家には、熱帯魚のフグさんがいるのですが、生のアサリも好きなようです。

image1719.gifimage649.gifimage482.gif

砂抜きをしたアサリの貝殻をトンカチで割って、生のアサリをあげると・・・

一瞬で食べました。

本当に、いつも、美味しそうに食べます・・・
ちなみに、フグは、他の魚と違って、「グルメ」だそうです・・・

まさに、私達夫婦と、熱帯魚のフグさんすべて楽しめた潮干狩りでした。

by hide


スポンサード リンク
posted by travel at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ■遊び場・体験記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4590426
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。