【注目】英語が苦手な人必見の英文法の参考書です。かわいいイラストで苦手な英語が得意になる!

英文法の参考書
※)本の詳細は公式サイトの英語教材のHMBまで。

2015年03月04日

花粉症でも「どこかに遊びに行きたい」と思っているのなら…。

花粉症でも「どこかに遊びに行きたい」と思っているのなら…。

花粉の季節になりました。
花粉症のひとは「お出かけしたくても、花粉が…」と思っているのではないでしょうか。
そういうわたしも花粉症で、特に晴天の日は「出かけたいのに出かけられない…」と憂鬱になります…。

そこで、どこか出かけられないのか、いろいろと調べていました。
すると、花粉の飛散量は地域差がかなりあることがわかったのです!

たとえば、館山(千葉県)、秩父(埼玉県)、柏(千葉県)は、花粉の飛散がものすごいこと、東京西部も花粉の飛散が多いこと、その一方で、船橋(千葉県)は飛散量が少ないなどのことがわかったのです。
※以下のサイトで花粉の飛散量を見ることができます。
http://kafun.taiki.go.jp/

もう、わかっていただけたと思います。
花粉症でお出かけしたいのなら、花粉の飛散量が少ない地域を狙いうって遊びにいけばいいのではないか、と。
もっというなら、花粉の飛散量が多い地域には絶対に行かない!


というわけで、以下です。

<花粉が少なそうな遊び場> ※すべて船橋市です。「はなこさん」の測定地では、花粉の飛散が少ないですが、同じ船橋市でも場所がちがえば飛散量が多いかもしれません。

アンデルセン公園
谷津干潟
谷津バラ園
ららぽーと
サッポロビール
ふなばし三番瀬海浜公園

<避けるべき観光地>
※一例です。

・館山(千葉県)
・秩父(埼玉県)
・柏(千葉県)
・東京西部

ちなみに、花粉の飛散量を調べるとき「時間帯」も重要なファクターのようです。
つまり、花粉の飛散量の経時変化を見てみることも大切です。
※たとえば、意外に「夜」は花粉の飛散量が多いようです。

あとは、雨のあと晴れれば、花粉の飛散量が多くなるので、雨の日のあとの晴れの日は遊びにいかないことも大切です。

それ以外だと、雨の日は花粉の飛散が少ないので、雨でも遊びにいける施設をおさえておくのも、ひとつの手ですが…。
やはり晴天の日に遊びにいきたいですよねー

スポンサード リンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。